カテゴリ
最近の記事
コメント
トラックバック
過去の記事
リンク
広告
みんなのブログポータル JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
桜蘭高校ホスト部
桜蘭高校ホスト部(クラブ) (1)

『一に家柄、ニにお金』そんな超金持ち学校の私立桜蘭学院に特待生として入学してきた、一般庶民の『藤岡ハルヒ』
今日も暇を持て余す他の生徒たちを尻目に静かに勉強できる場所を探していた。
学園内を彷徨いやっとたどり着いた第三音楽室と書れているその教室は、普段使われていない。
扉を開けるとそこは、『須王 環』『鳳 鏡夜』『常陸院 光』『常陸院 馨』『埴之塚光邦』『銛之塚 崇』の6人の美少年からなるホスト部だった。 
ハルヒは彼らに圧倒され不注意にもホスト部が所有する800万もするルネの花瓶を割ってしまう。 払えるわけもないハルヒはホスト部の雑用をさせられるハメになってしまった・・・。 
100人の指名客を集まれれたら800万はチャラにすると言われ、ホスト部内では敬語と天然キャラの位置につき、ホスト部にくる女性徒たちをもてなす。 
ちなみに部長の環は王子系、鏡夜はクール系、光と馨は禁断の双子愛と子悪魔系、ハニー先輩はロリショタ系、モリ先輩はワイルド系とそれぞれキャラ分けがされている。
アニメも放映されDVDもすでに発売されている。
それも最近のアニメでは、かなりいい出来じゃないかと思う。
絵も原作のコミックスよりもいいと思ってしまったし、いろいろな衣装や店内装飾など結構細かく描かれていたと思う。 
PS2でゲームも発売されているし、なんとも至れり尽くせりだ。

『桜蘭高校ホスト部』葉鳥ビスコ 既刊10巻 LaLa連載中 白泉社



| 作品 あ行 | 17:12 | comments(11) | trackbacks(105) |
コミック 銭 1巻

普段読んでいるマンガ雑誌の原価?
作家の原稿料や印刷代など、僕たちが250円とか300円とかで買う雑誌にかかる経費。 
そんなこと考えたことなかったな。
週刊少年ジャンプ、週刊少年サンデー、週刊少年マガジンなどは別格だけど、それ以外のマンガ雑誌って意外と大変なんだろうなあ。
うすうす感じていていたけど、このマンガを読んで『あーなるほど』と思いました。
どこで元を取るのかなってとこ。
最近、アニメ化って多いけど、アニメ業界の裏話や製作に関わる人たちや制作費に関わるお金も『へ〜なるほど』でした。
このマンガの主人公となるジェニーとチョキンの二人の掛け合いがとてもいい。
ときに楽しく、時には切なく、特にサブカルな業界のお金にまつわる話を聞かせてくれて、興味深いし楽しめる。

『銭』鈴木みそ 既刊5巻 月刊コミックビーム連載 エンターブレイン


| 作品 さ行 | 16:07 | comments(0) | trackbacks(3) |
ああ探偵事務所
ああ探偵事務所 1 (1)

ああ探偵事務所。それは電話帳の一番初めに載っている探偵社です。
所長の妻木は、筋金入りのシャーロキアンで、初対面の相手に対し勝手に推理を始めてしまうが、当たった例がない。 まあ一種の病気見たいなもの。
出向いた先で殺人事件に巻き込まれるわけでもなく、派手な推理ショーがあるわけでも無い。 ただ受けた依頼に、地道に足を使った聞き込み調査や潜入調査を行い、解決に尽力する。 
それこそ探偵の本来の姿だと妻木は言う。 
とわいえ、ああ探偵事務所は家賃も払えないほど困窮を極めており、妻木はアルバイトにも精を出す。
シャーロックホームズに憧れはじめた探偵。 いつになったら探偵の仕事だけで食べて行けるのか・・・。  
”ああ探”のワトソンこと『井上涼子』はOLで、空いている時間にボランティアで妻木の手伝いをしている。 
同業者で福耳探偵商会のチーフ『森野 泉』や、”ああ探”の入っているビルのオーナーで美容室『F’s』も経営している大家さんこと『藤島 薫』その娘『茜』など、妻木を取り巻く魅力的な人々と強烈な個性(顔)をもつ依頼人に、時に泥臭く、時にはスカッとカッコよく決めてくれるその台詞が心に響く。

『ああ探偵事務所』関崎俊三 既刊12巻 ヤングアニマル連載 白泉社
| 作品 あ行 | 20:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
生徒諸君!教師編
生徒諸君! (教師編1)


ストーリー ★★★★☆ 7点  キャラクター ★★★★☆ 8点

過去に映画、ドラマ、アニメ化された学園ドラマの金字塔!!
あれから10年『ナッキー』こと北城尚子が学校の先生となって帰って来た! 

御園中学で教師としての第一歩、意気揚々と2年3組の教室に向うナッキー。 そこで凍りついた視線を浴びせられ、教師なんていらないと豪語する生徒達。  何が原因でこんな事になっているのか生徒も他の教師も口を閉ざしている。
3TDと名乗る謎の存在に支配されているこの学校で、いきなり突きつけられた教師と学校の存在意義。 
孤軍奮闘するナッキー、あの信頼の置ける『悪たれ団』の仲間4人いや5人に支えられ、生徒を信じるという事が何より、一つ一つ問題に取り組む道標となっていく・・・。

4月から『生徒諸君!教師編』が放送開始!
問題を多く抱えた中学校が舞台に、内山理名がナッキーを文字通り体当たりで演じ、教師に挑戦している。 
学園ドラマは、さまざまな教師や生徒が登場してきたけど、どれだけの教師が記憶に残っているだろう。
このドラマも記憶に残る名作になるといいけど・・・。 


『生徒諸君!教師編』庄司陽子 既刊11巻 BE・LOVE連載中 講談社 
/span> 
| 作品 さ行 | 18:51 | comments(0) | trackbacks(58) |
あいどる
あいどる 1

評価:イラスト ★★★★☆ 7点   ストーリー ★★★★☆ 7点
  
『吉岡 愛』19歳。 ドジでおっちょこちょいな一児の母。 アルバイトもなかなか続かず、日々の生活にも困っていた。 ある日、かわいい『さくら』の為に、賞金が100万円もらえるならと何もわからないいままオーディションを受けてみることに・・・。
人気絶頂のアイドルグループ『SWEET』の追加メンバーオーディションとは知らずに・・・。 
会場にはSWEETのメンバーになりたいと思う者や、ただカリスマプロデューサーの『REGE』に会いたいというだけの者などさまざまな思惑で会場に集まっていた。
オーディションが進む中、『REGE』の前で、いつもの天然ボケを発揮してしまう。
愛はオーディションが失敗に終わったと思っていたのだが・・・。

アイドルはファンに愛を売るのが商売。 そう『愛』を売って『ドル』を稼ぐ。 それが『アイドル』ってものだとRAGEは言う。

平山あや主演のドラマ『はるか17』(著:山崎さやか)も芸能界のサクセスストーリーとしては結構好きだし楽しく読める。 この『あいどる』も同じように楽しめる。


『あいどる』高瀬志帆  既刊2巻  ヤングガンガン連載中 スクウェア・エニックス


| 作品 あ行 | 16:16 | comments(0) | trackbacks(1) |
ヤマトナデシコ七変化
ヤマトナデシコ七変化〓 (16)


評価:ビジュアル ★★★★☆ 8点
   ストーリー  ★★★★☆ 8点

最近の深夜アニメが、大変面白い作品が多くなった。 特に少女漫画誌で連載しているものが特に目を引く。 
現在放送している『NANA』 『のだめカンタービレ』。 もう放送終了しているけど『ハチミツとクローバー』 『桜蘭高校ホスト部』も良かった。 
そんな中でも、『ヤマトナデシコ七変化』が断トツに楽しませてくれる。
毎週火曜日、深夜1時30分からテレビ東京系で放送しているので見て欲しい。

『スナコレディー化計画!』
『ブスは嫌いだ』という理由で失恋して以来、自分はブスで日陰の女だと思うようになる。 ホラー映画が特にスプラッターもの、血なまぐさいものが好きで、友達といったら『ジョセフィーヌ』『ヒロシくん』だし。
そんなスナコが叔母さんの言いつけで、中原屋敷で生活することに・・・。

一方、中原屋敷で下宿している超美少年4人組『恭平』『武長』『蘭丸』『雪之丞』はオバちゃんから『スナコを立派なレディーに仕立てたら3年間家賃タダ』と言われ、スナコレディー化計画がスタート!

スナコにとって天敵とも言うべき”まぶしい生き物”に囲まれ、共同生活が始る・・・。

超ビジュアル系のコメディで、いつも3頭身いや2頭身で、動き回るスナコとたまに9頭身ぐらいに変身するスナコのギャップがいい。

『ヤマトナデシコ七変化』はやかわともこ 既刊17巻 別冊フレンド連載中 講談社
| 作品 や行 | 20:43 | comments(0) | trackbacks(13) |
砂時計
砂時計 10 (10)

評価: ストーリー  ★★★★☆ 8点
    キャラクター  ★★★★☆ 8点

12歳の冬、両親が離婚し島根にある母・美和子の実家に引っ越すことになった。 
帰り途中に寄った巨大な砂時計のある仁摩サンドミュージアムで母が買ってくれた砂時計は宝物。 

『杏』にとって村の人々はなれなれしく、デリカシーもプライバシーも無いのかと感じ息苦しく思っていた。 
しかし近所に住む『北村大悟』と『月島藤』と妹の『椎香』たちと出会い、少しずつ村の雰囲気ににもなれ、自分の居場所も見つけつつあった。 

そんなある日、思いもよらない悲劇が起こった。  

母もこの村から逃げ出したかったのかもしれない・・・。 

杏にとって大きな心の傷になってしまい、年を重ねても癒されることはなかった・・・。ただ、大悟が心の支えになっていることも感じていた。 

第50回小学館漫画賞少女向け部門受賞
ドラマ3月12日より TBS『愛の劇場』 月〜金 13時放送

『砂時計』芦原妃名子  全10巻  小学館
| 作品 さ行 | 20:42 | comments(0) | trackbacks(4) |
べしゃり暮らし
べしゃり暮らし 1 (1)


評価 キャラクター ★★★★☆ 8点 
    ストーリー   ★★★★☆ 7点

祝!連載再開  ヤングジャンプ誌で、『お笑い、漫才』をテーマにした学園ドラマが復活!! 

週刊少年ジャンプで2005年10月頃から連載されていた『べしゃり暮らし』が、これからってところで終わってしまったので、個人的には連載が再開して嬉しい限りだ。

”学園の爆笑王”こと『上妻圭右』はお昼の校内放送『圭右明弘のお昼だどっぴゅん大放送!』の中で、校長の触れてはいけない所にツッコミを入れてしまった。 
校長の逆鱗に触れ、お昼の放送が中止になってしまった。 なんとしても放送を再開したいと奮闘している最中、関西から『辻本潤』が転校してきた。
辻本に一目を置くようになっていく圭右だが、辻本の過去を知りさらにお笑いを身近に感じつつも、反骨心を燃やす。
ただ、この出会いが、圭右にとって”目立ちたがり屋”で終ってしまうのか、あるいは”お笑い芸人”として本当の爆笑王を目指すのか、人生の分岐点となる。

短編の『柴犬』『スベルヲイトワズ』に続き、題材を『お笑い芸人』とし、難しいジャンルに果敢に挑戦していると思う。 もちろんステージでのネタや『おしりぴょ〜ん』みたいな一発ギャグなども、根付かせるのは難しい。 ステージやTVなどに実際にでている芸人でもきっと苦労しているところだと思うし、ましてやコマが限られたマンガで表現するのはもっと難しいと思う。 
圭右と潤はどんなお笑いを目指していくのか楽しみ。
下ネタに行き過ぎるのはやめてほしい・・・。

『べしゃり暮らし』森田まさのり  既刊3巻  ヤングジャンプ連載中  集英社
| 作品 は行 | 19:11 | comments(0) | trackbacks(3) |
ひまわりっ健一レジェンド&きせかえユカちゃん


『ひまわりっ健一レジェンド』東村アキコ 既刊2巻 モーニング連載中 講談社

評価: ストーリー   ★★★★☆ 8点
    キャラクター  ★★★★☆ 8点

クッキーで連載中の『きせかえユカちゃん』(既刊9巻)コミックスの巻末で登場している伝説のおとうさん『健一』。
アキコ女史の父にして、南九州テレホンサービスの林課長は今日もわが道を行く。
『健一』の突拍子もない行動に回りも巻き込まれて、はた迷惑な人だが、どこか憎めない。思い込み激しすぎ!
同じ会社の同僚、副主任と蛯原女史とで始まるコントも随所で行われ、ちょっと古いかなという世界観も笑える。
南九州テレホンサービスなんとも楽しそうな会社である・・・。


『きせかえユカちゃん』東村アキコ 既刊9巻 クッキー連載中 集英社

評価: ストーリー   ★★★★☆ 8点
    キャラクター  ★★★★☆ 7点

将来はスーパモデルを夢見る『ユカ』は、お洒落な小学6年生。 なかよしな『みどり』はデザイナーを夢見る。 その2人の家族を中心に定岡先生や同級生たちを巻き込むドタバタ劇は、テンポもノリも抜群にいい。 あっという間に読み終わってしまう。

モーニングで『ひまわりっ健一レジェンド』を読んでいる人は『きせかえユカちゃん』も読めると思うし、『きせかえユカちゃん』を読んでいる人は、『健一』ファンも多いと思うので、相当楽しめるはず。

| - | 12:46 | comments(0) | trackbacks(0) |
ギミック!
ギミック! No.1 (1)


評価  ストーリー ★★★★☆  8点
    キャラクター ★★★★☆  8点

映画、ドラマ、CMなどのSFX(特殊撮影)のひとつ”特殊メイクアップ”というものがある。演者の顔や体を別のものに変えてしまう技術。          
顔や体に怪我をしている皮膚を表現してみたり、人間とは違う異形の生き物に変えてしまう。 
"特殊メイクの神様"といわれるディック・スミス氏の『エクソシスト』(1973年)では本当に不気味な表情を作っていた。 
そのチームには、リック・ベイカー氏やスタン・ウィンストン氏もおり、後の『猿の惑星』(2001年)や『ジュラシックパーク』(1993年)で、時には怖がらせられたり、時には楽しませてくれている。

『金田一少年の事件簿』 『ミステリー民俗学者八雲樹』 『HOOK』などの原作を手掛ける金成陽三郎氏が、この『特殊メイクアップ』というSFXの技術にスポットを当てた物語を展開させている。 
読んでいると、所々に特殊メイクの造作工程や映像特殊効果などの解説もあって、SFXという技術に興味を抱かせてくれる。 映画で使われたSFXをさらりと言ってしまうので見逃せない。

『神のギンベラ』をもつ特殊メイクアップアーティストの『永瀬公平』と相棒でスタントマンの『神無月』が繰り広げるアクションと情の厚さが、出会った人々の人生をも変えてしまう、人情味のある物語がまた良い。 

SFXの技術を持った登場人物が次々と出てくるので、この先どのように展開していくのか楽しみ。 

『ギミック!』藪口黒子 既刊6巻 週刊ヤングジャンプ連載中 集英社

 
| 作品 か行 | 19:55 | comments(0) | trackbacks(6) |
| 1/6PAGES | >>