カテゴリ
最近の記事
コメント
トラックバック
過去の記事
リンク
広告
みんなのブログポータル JUGEM
<< マネーの拳 | main | 夜回り先生 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
JIN −仁−
JIN―仁 (第1巻)

評価:  ストーリー ★★★★☆ 9点
    キャラクター ★★★★☆ 8点

”北京で蝶が羽ばたけば、ニューヨークで嵐が起こる”という『バタフライ効果』と呼ばれる理論(カオス理論)がある。
この理論を題材とした映画『バタフライ・エフェクト』が、2005年5月に公開された。
この映画は、主人公が日記に書いてあるその瞬間に、時間を遡ることができ、現在を変えようと過去に戻り、違った未来(現在)にしようとするのだが・・・。
ほんの小さな変化しか与えていないつもりが、結果では絶大な変化が生じてしまう。
つまり過去(歴史)も未来(現在)もまったく違うものになってしまう。

マンガではこのような過去にタイムスリップしてしまったという物語は人気があるようだ。
特に人気なのは、海上自衛隊(現代)のイージス艦が第二次世界大戦真っ只中の太平洋上にタイムスリップしてしまう『ジパング』(著者:かわぐちかいじ)や、陸上自衛隊の装備を持って戦国時代にタイムスリップ『戦国自衛隊』(原作:半村良)がある。
私としては、現代の医師(脳外科医)が江戸時代末期”幕末”にタイムスリップしてしまうという『JIN−仁−』をお薦めしたい。

2000年6月大学病院の脳外科医である『南方 仁』が、ある患者の不思議な腫瘍を取り除いたそのことが原因なのか、信じられないことが『仁』に起こってしまった。
138年も遡り”幕末”と呼ばれている時代にタイムスリップしてしまったのだ。
現代医学の知識と技術を持った医師が、この時代にはありえない術式や治療法を授け、猛威をふるっていた麻疹やコレラを撃退してゆく。 
この時代の医師(蘭方医)に大きな影響をもたらした『仁』は、歴史を変えてしまったことの戸惑いながらも、この時代に生きる人たちを救うことに尽力してゆく・・・。


『JIN−仁−』村上もとか 既刊5巻 スーパージャンプ連載 集英社
| 作品 さ行 | 10:13 | comments(1) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 10:13 | - | - |
コメント
少女マンガのレビューがもっと増えると嬉しいです。
| | 2006/11/04 3:55 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://manboo-blog.jugem.jp/trackback/71
トラックバック